アフター事業の収益化・再構築をサポート メンテナンスチャージポイント

アフター事業の収益化・再構築をサポート メンテナンスチャージポイント
サービス紹介

建物は経年劣化が避けられません。事故を防ぎ、安心して暮らしていくためにも、建物の修繕は必須。コストもかかるため、ライフプランに修繕費を見込むことが大切です。

住まいのメンテナンス事情

ほとんどの人は修繕費を積み立てていない

一戸建て修繕の実態調査(at home)」によると、戸建住宅の所有者で、修繕費を毎月積み立てている人はわずか8.3%にとどまり、91.7%もの人が特に修繕費として積立を行っていないと回答。修繕にあたっては、「(修繕の用に積み立てたものではない)貯金を使った」ケースが大半でした。

住まいのメンテナンスのタイミングは
学費が必要な時期でもある

住まいのメンテナンスが必要となる築10年ごろは、お子さんが中学や高校に通う時期。「子供の学習費調査(文部科学省)」を見ても、学費がかかる時期であることが分かります。
お施主様がいくら主体的に住まいのことを考えていても、「家のメンテナンスまでお金がまわらない」タイミングでもあるのです。

マンションでは修繕積立金制度が当たり前?!

一方、マンションでは共用部分の修繕工事のために、修繕積立金制度が当たり前になっており、適切な維持管理が行われやすい環境となっています。
このことが、「マンションは戸建住宅に比べ資産価値が低下しにくい」「中古住宅売買においても値崩れしにくい」理由のひとつと言われています。

いかに「備えてもらう」か

住宅会社からの提案が大切

戸建住宅もメンテナンスが必要なのは言うまでもありませんが、住宅会社から特別なアプローチをしない限り、お施主様は消極的な場合が多いのではないでしょうか。

お施主様が不具合に気付く頃は既に劣化が進み、メンテナンス費用もかさみがち。お金が用意できずに工事が先延ばしになり、建物の資産価値低下につながることもあります。

住宅会社からお施主様へ、「メンテナンス費用を事前に確保する」ことの重要性を提案・啓蒙することが大切です。

導入事例をみる

“戸建版 修繕積立金制度”に欠かせない仕組み。経営的な安心感が大きなメリット
戸建のメンテナンス費用をチャージする。
経営的な安心感が大きなメリット

経営者インタビュー|相羽建設 株式会社
リフォームの年間売上が13年で8倍に成長したそうですね。どのようにして事業多角化を実現されたのでしょ…続きを読む

解決へのサービス提案

メンテナンスチャージポイントとは

そのための解決策として、MSJグループは、お施主様にメンテナンス費用を事前にチャージ頂くサービス「メンテナンスチャージポイント」を提供しています。有料メンテナンスや無償のアフターサービスの提案がスムーズになり、アフター事業の売上促進を実現できます。

アフター事業の収益化・再構築をサポート メンテナンスチャージポイント

また、工事代金だけでなく住宅会社様で行う点検費用などにも利用可能。メンテナンス特別割引などの特典を盛り込み、有料メンテナンスプログラムの立ち上げにも活用いただけます。
財務局に登録された前払式支払手段サービスで、チャージ分は供託などにて保全。信頼性の高い制度となっています。

サービス提供会社 株式会社 住宅アカデメイア
登録番号 前払式支払い手段(第三者型)発行者:関東財務局長第00754号
ポイント(チャージ)上限 2,000,000円
ポイント有効期限 最終チャージ日より10年間有効
ポイント利用範囲 サービス利用住宅会社が提供する商品、サービスにご利用いただけます(メンテナンス・リフォーム工事費用、住宅点検費用、インテリア商品など)
※ポイントの換金はできません
加盟提携会社 基本利用料 月額11,000円(税込)
口座振替 利用手数料 1件につき100円(税込)

導入に関するお問い合わせは

MSJグループ各社の貴社担当、もしくはお問い合わせフォームよりご連絡ください

タイトルとURLをコピーしました